インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
髭爺
髭爺
鹿児島の元士族の出。
亥年・八白土星・木星人・しし座生まれ。
東洋大学出身。
口癖は、文武両道。
騙されても致し方ないが、
決して人を騙すながモットー。
顔に特徴が無い為髭爺を自称。
オーナーへメッセージ

  

Posted by at

2009年04月18日

鳴かぬなら…


織田信長は、
鳴かぬなら殺してしまえ時鳥。






豊臣秀吉は、
鳴かぬなら鳴かせてみよう時鳥。
















徳川家康は、
鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥。




其の時のお山の大将の特徴を
表す警句が詠われております。

大人であれば誰知らぬ者は無し
ともなっております。



この作者は、
10代将軍徳川家治の時代の
今から丁度200年前に没した
9代平戸藩主の松浦清(静山)です。

平戸藩は、
肥前国松浦郡並びに壱岐国を
領しておりました。

野村監督が、
「勝ちに不思議の勝ちあり、
負けに不思議の勝ち無し。」
と言った名言も松浦静山が著した
剣術書「剣談」に出典されております。

静山は、
大名ながら剣術の達人でもあり、
歴史書も残しており
文学者としても秀でた方でした。

17男16女にも恵まれ、
其の内の11女愛子が公家の
中山忠能と結婚し慶子を産み、
其の慶子が孝明天皇と結婚し
明治天皇の生母となられております。

つまり、平戸藩の松浦静山が
明治天皇の祖祖父となる訳です。

平戸藩は、
明治4年の廃藩置県により
平戸県となり、後に長崎県に
編入されました。

明治17年に松浦家は伯爵となり
華族に列せられる事となりました。

鳴くまで待とう時鳥の警句は、
努力の影には誰にでも当てはまる
言葉で御座います。

感謝! 神謝!

◎血糖値でお悩みの方は甘減茶房へ
◎痛み・筋トレ・ダイエットでお悩みの方はEMSへ


  


Posted by 髭爺 at 12:32Comments(0)