インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
髭爺
髭爺
鹿児島の元士族の出。
亥年・八白土星・木星人・しし座生まれ。
東洋大学出身。
口癖は、文武両道。
騙されても致し方ないが、
決して人を騙すながモットー。
顔に特徴が無い為髭爺を自称。
オーナーへメッセージ

  

Posted by at

2009年04月01日

7回配本


今回は、片岡千恵蔵の
昭和35年作遠山金さんの
シリーズ15作目です。

金さんの映画化は
明治44年が最初だったとか。
でも、主役や主要キャストは
不明だった様です。

千恵蔵の第一作は
昭和25年ですから
未だ当然のことながら
白黒でした。

当時は、刺青も桜のみの
地味なものであったようです。



カラー作品になってから
お馴染みの雲や渦巻きを加えた
桜吹雪がシンボルとして
定着したようです。

この作品は、
金さんが未だ奉行職に
就く前の話です。

千恵蔵お得意の江戸言葉の
べらんめぇ節が炸裂、
「背中に匂う夜桜を誰か
器用に散らしてみやがれぇ」
と、やります。

金さんが長袴の片足を放り出す
仕草も定番となっていますが、
ご存知の方もありましょうが
礼装用の長袴を奉行所で
着用する事はありませんでした。

これも迫力を出すための
千恵蔵のアイデアだったようです。

こうしたスタイルを金さんの
トレードマークとして千恵蔵が
作り上げて行ったようです。

さすが!さすが!

因みに、
若い時に放蕩していた
金さんの実際の刺青は
女性の生首だったとか。

一寸怖い話ですね。

こうした放蕩三昧を悔い
家督を継ぎ名奉行に
成って行ったようです。

感謝! 神謝!

◎血糖値でお悩みの方は甘減茶房へ
◎痛み・筋トレ・ダイエットでお悩みの方はEMSへ


  


Posted by 髭爺 at 10:23Comments(0)