インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
髭爺
髭爺
鹿児島の元士族の出。
亥年・八白土星・木星人・しし座生まれ。
東洋大学出身。
口癖は、文武両道。
騙されても致し方ないが、
決して人を騙すながモットー。
顔に特徴が無い為髭爺を自称。
オーナーへメッセージ

  

Posted by at

2008年10月27日

観劇の感想


一昨日、浅丘ルリ子の
「恋ぶみ屋一葉」を
観て来ました。

浅丘演じる一葉の女の
いじらしさが存分に
表現されておりました。

一葉は仲良しの小菊から頼まれ
代筆した恋文を弟弟子の
近藤正臣演ずる加賀美に
書き送っているうちに
いつしか自分の心を表現しており
愛している自分に気付きながら
小菊に義理立てしていたのです。

加賀美が、小菊が亡くなったのを機に
手紙を燃やしてしまったという事を聞き、
一葉は何とも言えない
言葉に言い表せない心の衝撃を
感じてしまったのです。

一葉の本心を一葉が気付いてゆく
そうした話の流れに、
髭爺はいつしか涙を流していました。

そして、加賀美も本当に愛していたのは
手紙の文章の本当の主の
一葉であったということに
気付いたのです。

この作品は、
髭爺の大好きな杉村春子が
書き下ろした作品でした。

43年前に
杉村春子の「女の一生」を
見て、フアンと成りました。
上演回数900回を超えた
作品です。

髭爺が目指していたのは、
演じる側のマスターベーションではなく
杉村春子の世界の様な観客が感動を覚える
日本人の男心・女心を表現する
作品だったのです。

さて、
博多駅でチッチと裕ちゃんに合流し
なるちゃんの学校に行きましたら
とてもうれしそうに
ご両親が待っておられました。

初めて聞く「山田かまち」と言う
17歳で逝った天才少年の話です。

19歳の学生達がかまちの愛した
音楽と彼の貯め描いた絵を中心に
表現する世界は、
若者の情熱が溢れておりました。

堕落している多くの若者に
是非聞かせてやりたい
見せてやりたい演劇でした。

ここでも「山田かまち」と
演じている若者達がダブり、
なるちゃんの頑張っている姿を見て、
つい涙してしまった髭爺でした。

是非、「山田かまち」をネットで
検索して欲しいものです。

感謝! 神謝!

◎演じてや 奥に秘めたる 心読み
           表すことの いと楽しけれ


「劇団員募集」

新劇団では、
劇団員を募集しております。
演劇を趣味としてやりたい方、
プロの先生の下で演出を
学びたい方など募集します。
九州全土の拠点活動です。
来春公演を目指しております。
年齢は問いません。
月謝もありません。
経費はチケットの売り上げで
対応してゆきます。
希望される方は、
ブログ内の
「オーナーへメッセージを送る」で
お問い合わせ下さいませ。



◎血糖値でお悩みの方は甘減茶房へ
◎痛み・筋トレ・ダイエットでお悩みの方はEMSへ

◎劇団大河は団員募集中

※コメント欄でPRをする会社があり書き込みを停止中。
  


Posted by 髭爺 at 09:41Comments(0)