インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
髭爺
髭爺
鹿児島の元士族の出。
亥年・八白土星・木星人・しし座生まれ。
東洋大学出身。
口癖は、文武両道。
騙されても致し方ないが、
決して人を騙すながモットー。
顔に特徴が無い為髭爺を自称。
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2008年08月15日

ことば遊び


先日、某新聞の編集手帳に
ことば遊びが掲載されておりました。

徳川家康が浜松城で
武田信玄の軍勢に包囲された折、
勝ちに乗ずる武田方が城中の
徳川勢に一句を送りました。
「松枯れて 竹たぐひなき 旦哉」
旦哉はあした(朝)かなと読みます。

松は、松平である徳川を指します。
竹は武田を指します。

この歌に徳川勢は意気消沈します。

そこで、徳川四天王の酒井忠次が
機転を利かし、
「松枯れで 武田首無き 旦哉」
と、詠み直したら一同喝采を得た
と言う話であります。

濁点の付け替えで意味が
一変すると言うことば遊びです。

この編集手帳を
息子達や親戚の者達に見せますと、
殆どが、「竹たぐひなき」
の濁点のみに気を取られ、
「武田首無き」に変えたから
意味が変わったと答えます。

「松枯れて」が「松枯れで」に
変わった事は誰も指摘しません。

今は、この使い方が消えうせて
親しみが無いからです。

本来のことば遊びが出来なくなりました。

「松枯れて」は、
徳川が滅びる意味を成します。
「松枯れで」は松が枯れないで、
と言う意味を成し、
徳川が滅びず武田を首無きとし
武田が滅びますよという意味を成します。

単に、
「刷毛に毛があり、はげに毛がなし」
のことば遊びではないのです。

感謝! 神謝!

◎大和民 言葉亡くして 滅び行く
        心解せず 獣と化さん



「劇団員募集」

新劇団では、
劇団員を募集する事となりました。
演劇を趣味としてやりたい方、
プロの先生の下で演出を
学びたい方など募集します。
九州全土を拠点として活動致します。
年末までに公演も準備中です。
年齢は問いません。
月謝もありません。
経費はチケットの売り上げで
対応してゆきます。
希望される方は、
ブログ内の
「オーナーへメッセージを送る」で
お問い合わせ下さいませ。



◎血糖値でお悩みの方は甘減茶房へ
◎痛み・筋トレ・ダイエットでお悩みの方はEMSへ

◎燃費節減のアトミックAVU
  


Posted by 髭爺 at 10:31Comments(0)